2008年08月20日

セントケアHDが買い気配、中間期予想の増額を好感

 セントケア・ホールディング(J・2374)が買い気配。9月中間連結業績見通しを従来予想の売上高99億4400万円、経常利益3600万円から、売上高100億5100万円(前年同期比25.6%増)、経常利益1億9200万円(前年同期9000万円の赤字)に増額したことを好感。主力の介護事業で訪問入浴介護、デイサービスの稼働率向上と訪問看護の単価上昇が寄与。また、コムスンから承継した14社の訪問介護サービスで業務効率化に取り組み、粗利益が改善したことが貢献した模様。
posted by 株式市場新聞 at 09:33| 東京 ☀| Comment(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

アトリウム、JCR格付据置き

 日本格付研究所(JCR)は、「マンション分譲・不動産流動化事業を主体とするデベロッパーに対する緊急レビュー」の結果、アトリウム(8993)の長期優先債務格付およびローン格付をそれぞれBBB+(安定的)、BBBに据置いた。格付事由は、現時点における物件売却の契約状況、完成在庫、金融機関との関係、資金繰りなどの信用状態は安定的による。
posted by 株式市場新聞 at 10:52| 東京 ☀| Comment(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

イマジニア、上限70万株の自己株式取得発表

 イマジニア(J・4644)の前3月期連結決算は、ケータイ検定シリーズが寄与した モバイルコンテンツ事業と、モバイルサイト通販のバイルコマース事業は増収増益と なったものの、「漢検DS2」や「英検DS」などの単価下落が響き、売上高57億 9200万円(前々期比7.5%減)、経常利益15億8300万円(同10.7%増)、 純利益6億8900万円(同26%減)となった。今期は、売上高60億円、経常利益 12億5000万円、純利益7億円を見込む。
 なお、5月15日から9月19日の期間で、自己株式70万株(発行済み株式の 6.57%)を上限に取得する。
posted by 株式市場新聞 at 10:12| 東京 ☀| Comment(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

芙蓉総合リース、今期は増益見込み

 芙蓉総合リース(8424)の前期連結業績は、連結子会社となった日本抵当証券の影響や賃貸事業、営業貸付などが順調に推移し、契約実行高4937億9400万円、営業資産残高も1兆1663億2900万円と増加。売上高3990億7500万円(前々年比1.9%増)となったものの、売り上げ増に伴う原価上昇、調達金利上昇など資金原価も増加。景気減速による信用コスト増、有価証券評価損の増加など もあり、経常利益は179億3400万円(同0.2%減)、純利益120億7700万円(同1.7%減)となった。
 今期は、リース会計制度の変更など、業界環境は厳しいものの、シャープファイナンスが連結子会社として寄与するため、売上高3800億円(前期比4.8%減)、経常利益194億円(同8.2%増)、純利益121億円(同0.2%増)を見込む。配当は4円増配の年間54円を予定。
posted by 株式市場新聞 at 15:45| 東京 ☀| Comment(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

富士通BSC 08年3月期末配当増配へ

 富士通BSC(J・4793)は、08年3月期末配当金を1株当たり2円50銭増配し12円50銭にすると発表した。これにより、中間配当金10円と合わせて1株当たりの年間配当金は22円50銭となる見込み。尚、前期実績は18円だった。
posted by 株式市場新聞 at 10:06| 東京 ☀| Comment(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

日阪製作、業績予想の修正と今期見通しを発表

 日阪製作所(6247)が、前引け後に08年3月期の業績見通しの修正と09年3月期の業績予想を発表。前期は投資有価証券の減損処理などで純利益は従来予想24億円から22億4300万円(前々期比7.9%減)に下方修正となったものの、売上高は280億円から291億9000万円(同17.3%増)に、経常利益は47億円から50億7900万円(同17.8%増)にそれぞれ引き上げられた。また、09年3月期の予想に関しては、売上高330億円(前期比17.1%増)、経常利益54億円(同6.3%増)の連続増益を見込んでいる。
posted by 株式市場新聞 at 11:45| 東京 ☀| Comment(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

ユニマットライフ株主優待制度を変更

 ユニマットライフ(7560)は、株主優待制度を変更する。これまでの1000株未満と1000株以上の2種類から、500株以上1000株未満を追加、3パターンにする。優待内容は、500株未満は2000円相当の自社商品、500〜1000株未満は5000円相当の自社商品、1000株以上は1万円相当の自社商品とする。対象は年1回、3月31日時点の株主名簿及び実質株主名簿記載の株主。
posted by 株式市場新聞 at 12:54| 東京 ☀| Comment(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

日立線がOA機器用ゴムローラメーカー子会社化

 日立電線(5812)は7日、OA機器用ゴムローラメーカーの創生(静岡県・清水町)を子会社化すると発表した。日立線グループのゴムローラ製品群は、ATMなど金融機器やプリンタなど事務機器向けの給紙・分離ローラが中心だったが、これにより、プリンタ向け現像系ゴムローラが新たな柱として加わることになる。
posted by 株式市場新聞 at 15:00| 東京 ☀| Comment(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

東京ガス、値下げを発表

 東京ガス(9531)が東京地区などの小口部門料金の値下げを発表した。現行の供給約款料金を平均1.40%引き下げ1立方メートルあたり146円72銭から144円66銭に値下げ。また、選択約款料金については1.81%引き下げ、ガスコージェネシステムの普及拡大を狙う模様だ。期日は4月15日から。
posted by 株式市場新聞 at 14:33| 東京 ☀| Comment(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

ブリヂストンが航空機用ラジアルタイヤ増産

 ブリヂストン(5108)は21日、東京工場で航空機用ラジアルタイヤを増産すると発表した。同タイヤは、久留米工場で生産しているが、今年下期から東京工場でも生産を開始するもの。今回の決定は、生産能力の増強が狙いで、これにより生産能力は現在の約2.5倍となる予定。投資総額は約25億円。
posted by 株式市場新聞 at 15:31| 東京 ☀| Comment(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

日立電線が米国に新会社設立

 日立電線(5812)は7日、自動車用ホースメーカーのCoupled Products、 LLC(本社・米国ミシガン州)から、同社の自動車用ブレーキホース事業を譲受け、同事業をもとに新会社Hitachi Cable Florida、 Inc.を設立したと発表した。これにより、同社グループの自動車用ブレーキホースの売上高は約100億円(2006年度実績)から180億円(2008年度予想)に拡大する見通し。また、シェアは北米では従来の22%から40%超へ、世界全体では従来の14%から20%超となり、世界No.1の地位を獲得する見込みとしている。
posted by 株式市場新聞 at 15:54| 東京 ☀| Comment(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

芙蓉リース、町田副社長の社長昇格を決める

 芙蓉総合リース(8424)は27日開いた取締役会で、町田充(まちだ・みつる)副社長の社長昇格を決めた。就任日は4月1日の予定。これに伴い、小倉利之社長は、同日付で代表権のある会長に就く。町田次期社長は、東京都出身。昭和24年6月14日生まれの58歳。
posted by 株式市場新聞 at 16:48| 東京 ☀| Comment(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

プロパスト Jリーグ ジェフ市原・千葉とスポンサーシップ締結

 総合不動産ディベロッパーのプロパスト(J・3236)は企業認知促進とブランド力の確立、及び千葉エリアでの販促施策の一環として今シーズンより、Jリーグ「ジェフユナイテッド市原・千葉」とスポンサー契約を締結した。今シーズン新たに導入するゴール裏LEDボードを使用した広告をホームゲーム開催時に掲出する。
posted by 株式市場新聞 at 10:18| 東京 ☀| Comment(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

まぐクリックとサイバー・コミュが提携

 GMOインターネット(9449)グループのまぐクリック(H・4784)とサイバー・コミュニケーションズ(M・4788)は20日、サイバー・コミュがまぐクリックの普通株式2000株を取得し、インターネット広告の販売と企画・開発分野で協業することを内容とする業務提携契約を締結したと発表した。
posted by 株式市場新聞 at 12:15| 東京 ☀| Comment(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

フィールズ、京楽産業と業務提携

 フィールズ(J・2767)は大手遊技機メーカーの京楽産業(本社:名古屋市中区)と共同事業に関する業務提携を決議した。京楽産業は「CRぱちんこ必殺仕事人III」「CRぱちんこ冬のソナタ」などのヒット商品に代表されるように、多彩な演出やゲーム性に秀でたクオリティの高い商品開発能力が広く評価されている。パチンコ市場では昨今、射幸性を抑える反面、豊かなエンタテイメント性を備えた遊技機へのニーズが高まっており、コンテンツの重要性が一層増している。両社は、射幸性に依存しない良質な遊びとしての遊技機の創出を目指すことで合意し、共同事業に関する業務提携に至った。
posted by 株式市場新聞 at 10:58| 東京 ☀| Comment(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

芙蓉総合リース利益2ケタ増

 芙蓉総合リース(8424)の第3四半期(4〜12月)連結決算は、営業利益142億2400万円(前年同期比11.9%増)、経常利益156億9900万円(同13.1%増)、四半期純利益128億6300万円(同31.0%増)と2ケタ増となった。通期業績予想と配当については、昨年11月の修正を据え置いたが、収益面が好調で、業績予想達成率が第3Qまでで80%を越えているため、再度の上方修正の可能性もある。
posted by 株式市場新聞 at 10:33| 東京 ☀| Comment(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

富士通BSC、08年3月期業績予想上方修正

   富士通BSCの08年3月期業績予想は売上高334億円(前期比4・1%増、前回発表332億円)、経常利益22億円(同29・9%増、20億円)、純利益12億5000万円(同25・9%増、11億5000万円)と上方修正した。これは大手通信キャリア向けの次期基幹システムや顧客管理システムなどが増加したほか、民間事業者向けや中央官庁向けSI開発案件が引き続き好調に推移したこと、また減価率の改善や販管費の削減が収益を押し上げた。
posted by 株式市場新聞 at 17:15| 東京 ☀| Comment(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

陽光都市、新ブランドマンション販売

 横浜を中心に投資用マンション「グリフィン」「グリフォーネ」シリーズの企画・ 販売を行っている陽光都市開発(J・8946)は、新たなコンセプトに基づく投資 用マンション「グリアス」を開発、第一弾として「グリアス横浜・プルミエール(横 浜市・桜木町)」の販売を開始した。「グリアス」は、「グリフィン」「グリフォー ネ」シリーズ同様、好立地、好利便性、高級仕様にこだわるものの、立地やライフス タイルに合わせた柔軟な企画と、ニーズを取り込んだ商品。
posted by 株式市場新聞 at 11:16| 東京 ☀| Comment(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

日本M&Aセンター、東証1部上場

 中堅・中小企業を対象にM&A仲介事業を行っている日本M&Aセンター(M・2127)は、12月10日付で東証1部に市場変更することが承認された。同社はM&A関連企業として初の1部上場企業となる。また昨年10月マザーズに上場して以来、1年2か月という短期間で東証1部へ上場することになり、同社 分林社長は「これからもM&Aが伸びる証し。中堅・中小企業の事業承継問題は深刻化しており、市場として今後もますます拡大すると考えている。M&A仲介のリーディング・カンパニーとして社会的使命を果たしたい」と語った。
posted by 株式市場新聞 at 09:24| 東京 ☀| Comment(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

ヒップ、08年3月期中間連結決算は大幅増収増益

 技術者派遣業のヒップ(J・2136)の08年3月期の中間連結決算は、売上高26億6700万円(前年同期比13・2%増)、経常利益1億7900万円(同58%増)、純利益1億300万円(同66%増)と大幅増収増益となった。技術者派遣ニーズや開発要望に積極的に対応したことがその要因。下期も引き続き開発需要が好調なことから、通期予想は売上高55億7300万円(前期比13・3%増)、経常利益4億400万円(同17%増)、純利益2億3000万円(同10・4%増)を見込んでいる。
posted by 株式市場新聞 at 18:13| 東京 ☀| Comment(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。