2009年04月28日

商船三井、連続減益を嫌気

 商船三井(9104)が557円、31円安と大幅続落している。2009年3月期の32%の営業減益に続いて、2010年3月期も59%の大幅減益が見込まれ、手仕舞い売りがかさんでいる、ただ、これも前半240億円、後半560億円と後半の回復は顕著で基本的には押し目買いとの見方が強い。
posted by 株式市場新聞 at 11:12| 東京 ☀| Comment(0) | 株式市場新聞速報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。